布ナプキン 効果 不妊

不妊症にも良い!

冷えない布ナプキンの効果とは?

 

  1. 序章
  2. 布ナプキンの特長
  3. 布ナプキンの効果
  4. 布ナプキンの洗濯術
  5. 実際の体験談
  6. おすすめランキング
  7. まとめ

妊娠

 

序章

 

昔に比べて若い人でも妊娠しづらい女性が増えているのは、からだの冷えが関係している可能性が高いのです。

 

特に生理中のデリケートなときに冷やしてしまうと血流が悪くなり、子宮や卵巣のはたらきが低下してしまいます。

 

そこでオススメしたいのが、生理中の冷えを防ぐ効果が期待できる布ナプキンです。

 

まだ一般的に認知度が低い布ナプキンですが、衛生的で何度も洗濯して使えるためとってもエコなんです。

 

さらにわたしも愛用中なのですが、とても温かいんですよね。

 

からだが冷えなくなったことで生理痛も緩和してきたように思います。

 

今回は、そんな不妊症の強い味方である布ナプキンについて冷えないメカニズムや洗濯方法などの基礎知識とともに、わたしが実際に使った感想などを交えながらご紹介します。

 

 

 

布ナプキンの特長

 

布ナプキンとは?

 

布ナプキンとは、綿100%の肌に優しい素材でできた生理用ナプキンのことです。

 

妊娠

 

既製品の布ナプキンならば紙ナプキンとほぼ変わらない形で、内側に吸水パットが入っているので多少の量ならばモレの心配もあまりありません。

 

経血量が少量ならコットン素材の布を何枚か重ね折りして下着に装着するだけなので、手軽に使うことができます。

 

またオーガニックコットン素材を使えば化学的な部分に触れる工程がないので、より自然な素材で肌に優しく敏感肌の人でも安心して使えますね!

 

わたしは、どうせ布ナプキンを使うならモレにくい方が長続きするのではないかと思い、既製品の布ナプキンを購入しました。

 

洗濯が面倒ではないか?と多くの人が思うのですが、実際にやってみると自分の経血量だったり色などをしっかりと確認することができるので、自分のからだの状態と向き合うことができるのも特徴です。

 

紙ナプキンだとクルッと巻いて一瞬で捨てられてしまいますからね。

 

布ナプキンはからだの冷えを防いで、自分の生理と向き合うことができる大切な機会をくれるものなのです。

 

 

 

布ナプキンの効果

 

冷えないメカニズムとは?

 

では布ナプキンをしているとどうして冷えが予防できるのか、紙ナプキンとの違いを中心に冷えないメカニズムをご紹介します。

 

まず紙ナプキンと普段呼んでいるものですが、実はほぼ化学物質や石油系の成分で作られています。

 

そのため最近では紙ナプキンではなく「ケミカルナプキン」などと呼ぶ人も増えてきました。

 

コットンの肌触り!という宣伝文句が書いてあっても実はコットンは一切入っておらず、化学繊維を漂白した布が使われています。

 

また紙ナプキンはそのメリットとして経血の吸収性が良いということがあげられますよね。

 

しかし、この経血を吸収する高分子吸収ポリマーが体温を奪ってしまうのです。

 

そこに経血が吸い込まれたまま肌に直接当てているわけですから、原理としては冷えピタを当てているようなものなのです。

 

妊娠

 

しかし布ナプキンならば高分子ポリマーなどの化学物質は含まれていないため、肌に当てても温かくて経血を吸収しても冷えにくいのです。

 

良く生理痛を緩和させるために股の部分にカイロを貼ると良いと言われますが、布ナプキンにより冷えなくなることで生理痛が治ったという人が多いのは、股から体温が奪われなくなるためなのです。

 

布ナプキンにより子宮や卵巣が冷えずに生理を終えることで、血行が良くなり子宮内膜が厚くなって受精卵が着床しやすくなったり、化学物質に触れる機会を少なくすることで子宮内膜症など不妊の原因となる病気になりにくくなるということもわかっています。

 

 

 

布ナプキンの洗濯術

 

洗濯方法は?

 

布ナプキンの洗濯、最初はちょっと抵抗があるという人もいるかもしれません。

 

でも意外とやってみると簡単で楽しいので楽に洗える洗濯方法を伝授いたします!

 

妊娠

 

まず使う洗剤ですが、デリケートな部分に当てるものですので無添加洗剤が適しています。

 

わたしは今話題のからだに優しいアルカリ性洗剤であるセスキ炭酸ソーダを使っています。

 

食品添加物としても使用されているくらいのものなので、安全性は高いですし薬局ならどこでも販売されているのでおすすめです。

 

それでは手順を順番にみていきましょう!

 

手順@下洗い

 

まずは布ナプキンについた経血を下洗いしてしっかり落としておきましょう。

 

下洗いせずつけおきをすると、シミになりやすくなります。

 

手順Aつけおき

 

蓋付きバケツに水を入れて、セスキ炭酸ソーダを良く溶かしておきます。

 

そこに下洗いした布ナプキンを投入して、そのまま半日くらい浸けておいてください。

 

手順Bネットに入れて洗濯機へ!

 

あらかた汚れが落ちたらネットに入れて洗濯機で他の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫です。

 

ただし、柔軟剤を使うと経血を吸収しにくくなりますので使用しないようにしてくださいね。

 

わたしはそのため分けて洗っています。

 

手順Cしっかり脱水して干す

 

ポイントはしっかりと脱水することで、臭いが取れやすくなります。

 

そして天日干しで天然の殺菌効果があるので、日が当たる風通しの良い場所で完全に干してくださいね。

 

 

 

実際の体験談

 

実際に使ってみた感想

 

わたしはかれこれもう5年以上前から布ナプキンを愛用していますが、未だに5年前の布ナプキンを使っているので耐久性に関しては言うことなしです!

 

既製品の布ナプキンは一式揃えるのにはちょっと高価だったのですが、今では充分元は取れたと思います。

 

また洗濯も慣れてくると楽しくて、毎月憂鬱だった生理が楽しみになりましたよ!

 

可愛い柄もあるので「次はどの柄にしようかな」なんてファッション感覚で楽しんでいました。

 

そして布ナプキン愛用者の皆さんが口を揃えて言う生理痛が軽くなったというのも実感できました。

 

理由は、紙ナプキンとの違いに感動するほど肌当たりが温かいんです!

 

妊娠

 

そのため全く生理中に冷たいと感じることがなくなりました。

 

経血量が多い人は昼間は紙ナプキン、家では布ナプキンと使い分けていってうまく活用すると良いですね!

 

布ナプキンだと頻繁に取り替えなくてはなりませんから、とても衛生的でわたしも以前と比べて肌荒れも起こしにくくなりました。

 

もう紙ナプキンには戻れない!とつい思ってしまうくらい、慣れると快適に過ごすことができますよ!

 

 

 

おすすめランキング

 

人気のオーガニック 〜2016年

妊活おためし セット

妊娠

妊活おためし セットの特徴

価格 評価 無料お試し
2,980円 評価5 あり
トライアル セット

妊娠

トライアル セットの特徴

価格 評価 無料お試し
2,600円 評価3 なし

 

 

 

まとめ

 

まとめ

 

不妊の原因のひとつである子宮や卵巣の冷えを予防する布ナプキンについて、5年前から愛用している立場から見て実際の感想を交えながらご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

紙ナプキンに含まれる高分子ポリマーや化学物質が冷えや不妊の原因になる可能性があるため、布ナプキン愛用者がだんだん増えてきています。

 

簡単な洗濯方法もレクチャーしましたので、毎月本来なら嫌な生理も楽しみに変えられるように気持ちを軽くして布ナプキン生活を満喫してくださいね。

 

布ナプキンで冷えを取って、受精卵の居心地が良い環境づくりをしていきましょう!